スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も竜神池の水の色は変わりそうもありません・・・

2013年3月31日(日)
竜神池の水の色がそろそろ変わるかなぁ?と思って来てみました。
20130331竜神池が代わらない (4)今日はポニー牧場側から竜神池に。途中から木道がみえますが、なんだか開けてますね!樹木を伐採して整備した様子です。

20130331竜神池が代わらない (1)だいぶ風通しがよくなった感じです。そうすると今年の新芽の時期は今まで芽を出さなかった植物が見れるかも!

20130331竜神池が代わらない (5)おや~?竜神池はいつもの色ですねぇ~。今年も変わらないかな???

20130331竜神池が代わらない (7)おっ!丁度、三井の森管理センターの橋場さんが通りかかったので聞いてみましょう。

橋場さんより「昨年も今年も竜神池に流入する水量が少ないです。用水路管理の財産区が水利権などで竜神池に多くの水を流せなくなってる様子で今年も五色に変わる竜神池は見れそうもないですね」と。残念ですね。悠心荘の脇を流れる用水路なんかは初めて冬場も流しっぱなしだったのに・・・(先ずありえませんが堰の「閉め忘れ」と橋場さんの見解より)せっかくの雪融け水なので農業用水ではありますがまだ、農作業も始まらないのでどんどん竜神池に流して欲しいものです。

20130331竜神池への水量が (3)こちらは3年前は滝の様に雪融け水が注がれてた沢です。ぜんぜん水が来てませんね!

20130331竜神池への水量が (1)この沢も水量がなく砂や土が詰まってました。

20130331竜神池への水量が (2)こkも水が勢いよく流れてたんですけどね!

来年の用水路の流量増に期待しましょう!今年はこのままだと思うのでまもなく咲く水芭蕉も楽しみに!
スポンサーサイト

悠心荘のお部屋に瞬間湯沸しポット登場!いよいよエコプロジェクト始動!!

2013年3月29日(金)
夕食が終わる頃の悠心荘に顔を出したら何?何???この山積みは???
20130329悠心荘にティファール (3)これはもしかしたら!!!!!

20130329悠心荘にティファール (1)ティファールの湯沸しポットですね!新年度に間に合いようにまたまた悠心荘の客室の備品が新しくなっちゃいます!

これで、更にエコプロジェクトが推進されますよ!エネルギーの省エネにみんなで取り組みましょう!

桜のツボミ情報!

2013年3月28日(木)
諏訪地方もだんだん桜のツボミが大きくなってきましたね!
20130328諏訪高島城の桜のつぼみ高島城の桜です。もうちょいって感じ!

静岡から桜と苺だよりが届きました!

2013年3月26日(火)
静岡の木南さんから桜便り&苺だよりが届きました!前回は焼津市の朝比奈川の桜だよりでしたね!
木屋川の桜です (3)ソメイヨシノが満開ですね!

木屋川の桜です (2)こちらは静岡県焼津市すみれ台の木屋川沿いの桜とか。1000本ぐらいあるそうですよ!圧巻ですね!

更に見てるだけで香ってきそうなイチゴの写真も!
②いちごハウスの中おおお!たわわに実ってますね!

③イチゴこちらは、MEE静岡事業所の遠藤さんのご実家のイチゴハウス。暖かい静岡なのでハウスの中は夏???

⑤収穫のイチゴ・・・・・・沢山採れました本日の収穫???すごい量ですね~!

瓶でなんぼ作れるかな?これはイチゴジャムになりそうです。ということは、今度、悠心荘をご利用の際に「おすそわけ」あるかも???なんちゃって!

⑦イチゴジャム作り・・・・・大こちらは一旦冷凍保存に。デザート用でしょうか?この前の焼津だよりで早々夏野菜の準備もはじめられて、まさに自給自足ライフを満喫中ですね。

またまた季節先取りの情報をありがとうございました。次回の焼津だよりも期待してま~す!


「舞姫」 上諏訪春の呑みあるき その2

2013年3月23日(土)
続きまして「舞姫」酒造はこんな感じに!
20130324諏訪呑みあるき (31)こちらもたくさんの「日本酒好き」でいっぱいです。

20130324諏訪呑みあるき (25)こんなにたくさんの皆さんが並んでました。

20130324諏訪呑みあるき (24)翠露(すいろ)も飲めましたよ!こちらは販売店が限定されてるのでなかなかお目にかかれませんよ!

20130324諏訪呑みあるき (23)いやぁ~飲んじゃいましたね!お店の右側にアンテナショップもあります(昔は文庫蔵だったそうです)。舞姫酒造HP

引き続き隣の酒蔵へ。つづく

「本金」 上諏訪春の呑みあるき その1

2013年3月23日(土)
「上諏訪呑みあるき」の最初のお蔵は「本金」です。
20130324諏訪呑みあるき (36)この酒蔵は先代の教えを引き継いだ九代目の若旦那さんと奥さんで切り盛りしてます。若いのでHPはブログなど情報発信も盛んです。悠心荘にも1月から「本金:太一(たいち)」辛口が導入されてますよ!本金HP

20130324諏訪呑みあるき (10)すごい人の波ですねぇ~。さぁ!辛口!辛口!

20130323イベントがあると毎にこの男が! (2)お一人づつ丁寧に自慢の清酒が注がれます!ん??この男は???

この頭に手ぬぐいを巻いてるのは????何で本金さんに???
20130323イベントがあると毎にこの男が! (1)おお!「イベントがある場所にこの男あり!」

20130323イベントがあると毎にこの男が! (3)
こちらは小淵沢の久保酒店さんの若旦那さんですね!この前は「スワいち」イベントにも来てました。本金さんの若旦那さんとも交友があるそうです。ちなみにこの後、対面の「横笛」にも行くそうです。

すごいバイタリティーの方です。その他にいろんなイベントを主催したり協賛したりと地域活性を盛り上げる青年団みたいな感じで活動されてます。小淵沢の久保酒店

「諏訪の呑みあるき」に行って来ました!

2013年3月23日(土)
お客さんからのお話やニュースでしか知らなかった「上諏訪街道呑みあるき」に行って来ましたよ!
20130324呑みあるきこのベントは春と秋にの毎年2回行われています。土曜日が主なのでなかなか参加できませんでしたが今年はOK!

20130324諏訪呑みあるき (67)諏訪の銘酒「真澄」の宮坂醸造前で呑みあるきのパスポートになる「枡」を購入します。

20130324諏訪呑みあるき (4)ストラップも売ってますね(これは確かに便利でしたよ)

20130324諏訪呑みあるき (82) こんな感じ
既に枡酒4杯を飲みほしてほろ酔い気分なのでした!

20130324諏訪呑みあるき (11)上諏訪街道です。今回は午後1時からの開始でした。午後3時前は既にこの盛り上がり!この片側一車線の細い道が天下の甲州街道なんですねぇ~。

20130324諏訪呑みあるき (13)おお!水陸両用バスも通っちゃう。観光バスすれ違う大通りですよ!

それではこの後、諏訪5蔵のそれぞれを見てみましょう!つづく

雪融け前に車山山頂へ スノーシューで!その4

2013年3月22日(金)
さっきは山頂レーダーの後ろだった景色をもう一度。
20130322車山山頂へ (111)この景色ですね。ズームアップしてみましょう!

20130322車山山頂へ (120) - コピー乗鞍岳

20130322車山山頂へ (121) - コピー穂高岳、尖がっている槍ヶ岳。良く見えますね!手前の平たい大地は八島湿原です。すっかり雪が融けましたね!

20130322車山山頂へ (122) - コピー北アルプスの烏帽子岳から右のどれかが鹿島槍ヶ岳でしょう!

20130322車山山頂へ (151)看板前で記念撮影されてますね。じゃあ私も!

20130322車山山頂へ (144)こんな感じ。もうい一枚!

20130322車山山頂へ (158) せっかくなのでレーダー前で記念撮影

それでは下山に!
20130322車山山頂へ (138)山頂は風も冷たくなく春の陽気でしたよ!

20130322車山山頂へ (155)だいぶ穴を開けながら歩いた方がいらっしゃいましたね。

20130322車山山頂へ (156)スノーシューを持ってきてよかったです。

おまけ
20130322車山山頂へ (157)平日なので木川さんのお店(富士見台茶屋)も休業中でした。そろそろ平日もOPENしそうですよ!

山頂近くは雪も融けて普通の山歩きですが、もうちょい雪道の登山道は楽しめそうです。今度は何処へ行きましょう?お楽しみに。




雪融け前に車山山頂へ スノーシューで!その3

2013年3月22日(金)
車山山頂には車山神社があります。御柱も建ってますね!
20130322車山山頂へ (106)なんとも言えない近代化と歴史文化が融合している場所ですね!

20130322車山山頂へ (105)こちらが正面です。この後ろに浅間山がみえますよ!

それでは山頂からの360度をご覧ください。
20130322車山山頂へ (95)八ヶ岳がくっきり見えます。富士山の裾のもいつもの目線より高いので広く見えますよ。

20130322車山山頂へ (96)甲斐駒ヶ岳方面です。この時間(13時)は太陽が西側へ向かうので逆光気味です。

20130322車山山頂へ (97)こちらは、木曽駒ヶ岳。この二つが同時に見れるなんて!(天気がよければいつも見れちゃいますが、改めて眺めの良い場所の近くに住んでるなぁ~と思います)

20130322車山山頂へ (98)レーダードーム越しですが、左に木曽御嶽山、丁度レーダーの後ろが乗鞍岳、右に穂高連山、北アルプスと見えます。この場所なら北アルプスも見えますね!

20130322車山山頂へ (99)北アルプス連山の手前に既に雪が融けた平らな山脈は美ヶ原方面です。

20130322車山山頂へ (100)左端の北アルプスから右へ烏帽子岳、湯ノ丸山、更に右で浅間山に続きます。

20130322車山山頂へ (101)左の浅間山を過ぎて我らが蓼科山に。車山スキー場の山頂リフトも目の下に!このリフトを降りて左に向かうと富士山が見えるスポットですね。スキー・スノボーの皆さんがよく写真撮影してます(私も)

20130322車山山頂へ (103)さぁ!360度の景色はいかがでしたか?それでは下山しましょう!つづく


雪融け前に車山山頂へ スノーシューで!その2

2013年3月22日(金)
だんだん車山山頂の気象レーダードームが近づいて来ましたよ!
20130322車山山頂へ (21)山頂に近づくにつれ雪が少なくなって来ました。遮閉物がないので日当たり良好より雪融けが早いんですね。

20130322車山山頂へ (81)雪があるうちに楽しんじゃいましょう!

20130322車山山頂へ (17)ほ~ら、雪がなくなってるでしょ~・・・。スノーシューはここまでですね。

20130322車山山頂へ (22)約1時間で山頂に。あっ、今回も車山肩から登り始めました。

20130322車山山頂へ (86)車山山頂に到着しました。山頂からの眺めを楽しみましょう!つづく




雪融け前に車山山頂へ スノーシューで!その1

2013年3月22日(金)
急に気温が上がってしまい周辺の雪も一気に融けました。早く歩かないとスノーシューが使えない・・・。ので晴天の車山山頂まで歩いてみました!
20130322車山山頂へ (37)車山スキー場を過ぎてビーナスラインを走ると頭上に車山山頂の気象レーダードームが見えます。今日はここまで行きますよ!

20130322車山山頂へ (48)さっそく装備を付けて。

20130322車山山頂へ (49)  20130322車山山頂へ (51)
おおお!軽快、軽快!                 「おっぱっぴ~」になってしまいました

20130322車山山頂へ (59)風は吹いてますがあまり寒くなく暑くなったので赤い上着を脱ぎました。八ヶ岳の麓に富士山も見えますね。本当にいい天気です。

20130322車山山頂へ (9)いつもの景色より更に200mぐらい登った場所からのいつも見てる風景はこんな感じ。ちょっと上から目線ですね!

そしたら・・・
20130322車山山頂へ (70)すごく長い飛行機雲が登場しました!今日はたくさんの飛行機が通過してますね。流石、晴天!

さぁ、山頂を目指しましょう!つづく


悠心荘に最新のカラオケシステムが登場です!

2013年3月22日(金)
第一興商の「DAM」の入替が本日行われました!悠心荘20周年の「大トリ」は最新のカラオケ装置でした!
20130322悠心荘に新カラオケが (10) FREEDAM?
この部屋はミニカラオケ室&マージャン室のお部屋です。以前は「パーティーDAM」が置いてありましたが今度は「FREEDAM」?自由?。前の機種は装置がコンパクトなので「曲数」も少なかったんですが今度はバッチリですね!たくさん新譜も入ってますよ!

20130322悠心荘に新カラオケが (13)精密採点もありますがやはり話題の「精密採点Ⅱ」でしょう!ではちょっと「精密採点Ⅱ」で歌ってみましょう!

20130322悠心荘に新カラオケが (22)おお!ナイスな音感!これは高得点が期待できそぉ~・・・・。

20130322悠心荘に新カラオケが (18)・・・76点かぁ・・・・。

さて、お隣の大カラオケ室も新しい機種になったのでそちらでも「精密採点Ⅱ」で歌ってみましょう!
20130322悠心荘に新カラオケが (26)おおお!こっちのはゴールドのボディーですね。では・・・

20130322悠心荘に新カラオケが (29)ナイスですねぇ~いい音感!ん???大カラオケ室の映像は「歌手本人」が登場ですね。流石、こちらの装置は「でかい」だけありますね!

20130322悠心荘に新カラオケが (33)大小カラオケ室両方の部屋のカラオケ装置本体にモニター画面がタッチセンサーでいろいろ操作ができます。もちろんこのモニターにも鮮明な映像が流れます。すごい進化ですね!

20130322悠心荘に新カラオケが (36)あ・・・67点・・・・。まだまだだなぁ~。

カラオケもこんなすごい装置になった悠心荘に泊まれるお客さんがうらやましい!!!今度もう一回やろ~!

そば打ちの会 岡谷MARIO編

2013年3月22日(金)
この前の17日(日)に高橋醸造の高橋さんがそば打ちに誘ってくれました。会場は何と婚礼の式場???
20130317そば打ち (5)ここが岡谷市の結婚式場「MARIO」です。本当にここでそば打ち会がやってるんでしょうか?

20130317そば打ち (6) ブライトホール!
おおお!会場はここの様ですよ!

20130317そば打ち (1)案内の会場のドアを開けると・・・・。すごい!そば打ちやってますね!

20130317そば打ち (2)そばを練ってますね。

20130317そば打ち (10)いい感じで「のし」ですね。こちらは宮坂さん。昨年「しめ縄飾り」を教えてもらったんですよ!→しめ縄づくり(悠心荘ブログより)

20130317そば打ち (3)こちらは水回し中。エプロンの女性がしめ縄の宮坂先生の奥さんです。その節はお世話になりました。しめ縄づくりは大好評でした!

20130317そば打ち (21)木下先生は一度に1kgを練って打ちます。すげぇ~!

20130317そば打ち (24)こちらも手つきが上手・・・ちょっと・・・ん?・・・がんばれ~!

20130317そば打ち (22)笠原さんも久しぶりにお会いできましたね。

さて、さっそくお蕎麦をいただきましょう!
20130317そば打ち (20)これが昨年秋に収穫できた高橋さんたちの畑のソバの実からできたお蕎麦です。

20130317そば打ち (16)今回はそば汁も3種類。左から「宮坂先生の本かえしとカツオ&煮干しの汁」「高橋醸造たかはしさん家のだししょう油+みりんの汁」「木下先生の生がえしとカツオ出汁に隠し味ではちみつを加えた汁」です。みなさん味にうるさそぉ~!

20130317そば打ち (17)天ぷらも登場。私は通称「しる喰い」なのでお汁がたくさんあって嬉しいです!

20130317そば打ち (12)みなさん「旨い!旨い」の連呼ですね~!

20130317そば打ち (13)右で手酌の方が宮下先生です。こちらもそば打ち名人なんですよ!

20130317そば打ち (14)木下先生がご自分のつけ汁の説明中!

今回、木下先生は高橋さんとお汁の配分も研究していて、高橋醸造のしょう油を基本にどこまで旨い汁になるか日々試行してるとか。

次回は高橋さんの音頭取りで「そば汁講習会」が予定されています。楽しみですね!

おまけ
20130317そば打ち (7)この前「オオヤマボクチ」でそば打ちしたことを高橋さんへ話したら早速オオヤマボクチを準備されてました。このお蕎麦もみなさんで召し上がってもうらったんですよ!「つるつるしていて旨い」と評判上々!

もうひとつおまけ
20130317そば打ち (28)今回会場の「MARIO」さんのフロントにひな飾りと「吊るしびな」が飾ってありました!

20130317そば打ち (29)やはり寒い地方なので桃の節句もひと月後になるのかなぁ?

それにしても式場でそば打ちなんてすごいですね!高橋さんお誘いをありがとうございました。又一緒にやりましょう!

練馬区中村橋 その2 木癒庵(もくゆあん)と松本倉庫

2013年3月22日(金)
この前、煮干しラーメンのお店に行きましたね→その時のブログ。ラーメン目当ての他に、もうひとつイベントがありまして・・・

練馬区の中村橋(西武池袋線)の木癒庵(もくゆあん)の隣に松本倉庫っていう呼び方のイベントブースがあります。木癒庵の松本さんの倉庫(だから松本倉庫なのね!)です。この松本倉庫でときどき開催されるのが「木楽市(きらくいち)です。あの日は、この会場でそば打ちだったんですよ。
20130316松本倉庫 (3)この前の東京周辺を襲った「煙霧」で風通しのいい倉庫内は砂だらけ・・・。(顔がよく見えませんがこちらが松本さんです)

20130316松本倉庫 (12)一緒にお掃除をしてそば打ち開始。

上の写真ののぼり旗に注目!
20130316松本倉庫 (1)「ねりコレ」という練馬区の地場物に認定された商品が載ってる冊子です。
この中に認定されたのが松本さんが開発した「なかむら箸」(お箸ですね)なんです。木楽市のイベントとして自分で箸を作れる企画があります。

20130316松本倉庫 (2)こちらが商品化された中村箸。私もこの開発にほんのちょっとだけお手伝いさせていただきました。中村橋だから「「なかむら箸」!地元産ですねぇ~。

20130316松本倉庫 (5) なかむら箸!
このお箸が自分で作れちゃいます。My箸ですね。

20130316松本倉庫 (10)作業台のこの道具が自分で作るお箸の企業秘密部分???松本さんの企画力に賛同された地元のお仲間がいろいろ試行してこの道具に行きついたのでした。

松本さんの発想はまだまだ溢れ出てまして、自分で打った蕎麦を自分で作った箸で食べるっていうのもやりたそうでした!

ピラタスの水族館の駐車場の昼間と夕方

2013年3月21日(木)
朝から霞む感じもなくいい青空が広がっています。北八ヶ岳ロープウェイ(旧ピラタスロープウェイ)に来てみました。
20130321ピラタス昼間と夕方 (1)これはずいぶん雪融けしてますね!まだ滑れそうですよ!

20130321ピラタス昼間と夕方 (2)ピラタスの駐車場から遠くの雪山が見えます。ちょっとすぐ下の水族館の駐車場へ行って見ましょう。

丁度この日は終日ピラタス周辺にいるので「昼間と夕方」が見比べできます!
20130321ピラタス昼間と夕方 (4)すごい青空と左に御嶽山、右に乗鞍が良く見えます。午前11時前ぐらい。

20130321ピラタス昼間と夕方 (10)こちらが18時30分ごろ。いい夕焼けが見えてました。

20130321ピラタス昼間と夕方 (5)左に木曽駒ヶ岳を入れてみました。

20130321ピラタス昼間と夕方 (11)同じく夕方の感じ。

20130321ピラタス昼間と夕方 (7)入笠山、富士見パノラマスキー場が見えますね。

20130321ピラタス昼間と夕方 (12)こちらの夕方もこんな感じに。

天気が良すぎて雲がなかったので今日の夕焼けは山の稜線をくっきりさせて終わり!気温が上昇して霞やすくなっていますが、本日は晴天でした!

糸萱(いとかや)の工事中の道が片側だけ通行できるようになりました

2013年3月20日(木)
国道299号の糸萱(いとかや)の道路工事が片側だけ開通しました。この道は今までの道が傷んだのか橋を付けたかったのか?これまでの道の脇にできた道です。距離は全然かわりませんが運転しやすくなりましたよ!
20130320桜のつぼみ縄文の湯 (16)ずいぶん長い期間で工事していましたが、ようやく片側だけ通行可能にまりました。

20130320桜のつぼみ縄文の湯 (17)ここは直線で運転が楽に改良されました。

20130320桜のつぼみ縄文の湯 (18)片側はまだ工事中。この橋も今回新しくなりました。昔の道は写真の右側にちらっと見えてます。ね!あまり距離はかわらないでしょう!


悠心荘の横の用水路も雪融け水で流量たくさん!

2013年3月20日(水)
悠心荘の横を抜ける用水路はこの冬、ず~と流れっぱなしでしたね。雪融け水も多くなって用水路の水量も多くなってます。
20130320桜のつぼみ縄文の湯 (3)おおお!いろんな物が堰の段差の水流でひっかかってますね!

20130320桜のつぼみ縄文の湯 (4)ちょっと先へ流しちゃいましょう!滝の様に水流が渦巻いてしまい、折れ枝やゴミがこの場所に滞留します。ときどき下流へ流しておくと景観がいいですね!下流に流れたこれらの滞留物は更に下の堰にたまってそこからは財産区の皆さんが拾うみたいです。

今回は虫取り網ですくえず、そのまま流れてしまいましたが、次回はしっかり回収しましょう!

おまけ
20130320桜のつぼみ縄文の湯 (1)やや薄曇りの空に飛行機雲!

なかなか天気がすっきりしませんね!花粉かな?黄砂?

ポニーハウスが準備開始!

2013年3月20日(水)
久しぶりに無農薬有機栽培レタスのポニーハウス前にお母さんの車が止まってました。いよいよ畑が始まるかな?
20130320ポニーハウス (1)悠心荘の石鹸をもらいに行って以来ですね。アンジーも少し太った?  

20130320ポニーハウス (2)今年もハウス栽培のレタスが先行して作られます。畑作業はもう少し後からみたいでしたよ!今年も美味しいレタスを楽しみにしてます。

蓼科湖周辺の桜は???

2013年3月19日(火)
暖かくなりましたねぇ~。東京の桜も開花の連続の様子。蓼科はこんな感じ!
20130319聖光寺の桜のつぼみ (9)蓼科湖前の聖光寺です。まだ桜はツボミですね。

20130319聖光寺の桜のつぼみ (6)こんな感じ!

20130319聖光寺の桜のつぼみ (2)昨年は4月の月末まで咲きませんでしたが、今年は例年より早い?4月20日頃に咲いちゃうかも?

20130319聖光寺の桜のつぼみ (5)蓼科の桜の名所「聖光寺」1ヶ月後には桜の花でいっぱいになりますよ!

20130319蓼科湖春日和 (1)蓼科湖から見える蓼科山と北横岳も雪がぐっと少なくなりました。

20130319蓼科湖春日和 (7)同じく八ヶ岳もご覧の通り。

20130319蓼科高原CCは雪ないね (1)蓼科カントリー倶楽部も雪がなくなり今すぐOPENできそうですね(誰もプレーをしてないのでまだ開業してないと思います)

20130319石遊の湯はいつから開業? (1)ゴルフ場の横を抜けると「石遊の湯(いしやすのゆ)」に出ます。ん???

20130319石遊の湯はいつから開業? (3)ずいぶん長いこと休んでますね。なかなか修理が終わらない様子。いいお湯なんですけどね!

春がどんどん近づいてます。

煮干しの旨味があっさり絶妙!練馬区中村橋の「似星(にぼし)」へ

2013年3月15日(金)
お宿ねっとの予約センターの瀧本さんおススメのラーメン店に行って来ました!
20130315にぼし (2) ここが「似星」
西武池袋線「中村橋」駅から徒歩1分にお店はあります。3月1日OPENされたそうです。

20130315にぼし (3)明るい店内の壁に「煮干し」!

20130315にぼし (4)おおお!お酢の中にも「煮干し」!

20130315にぼし (6)こちらが「煮干しラーメン」

20130315にぼし (8)餃子も頼んでみたりして。もやしが付いてました。

20130315にぼし (10)???「星」。ラーメンの最後に星が出てきました。二個あると「二星(にほし)」になるので探しましたが1個だけみたいです。

魚出汁なので魚くさいかなぁ~と思いましたが全然くさみが無くあっさり味の美味しいラーメンでしたよ!次回は「かっけ」というたぶんつけ麺風のメニューに挑戦してみましょう!

中村橋には、22年前に開業したGALA湯沢スキー場のレストラン担当勤務だった頃(もう22年も前ですね)にとてもお世話となったGALA職員の松本さんが居ます。ご自宅近くに開業した「フーレ(足裏全体を使って全身のツボや筋肉のコリを揉みほぐし、血液やリンパ液の流れを改善、自然治癒力を高めていく美容健康法)マッサージ」のもお店を出してます(女性限定とか)そんな訳で「中村橋」は身近な場所なんですね~!

そのお店は「木癒庵(もくゆあん)」といいます→木癒庵(もくゆあん)の記事

松本さんは、練馬区を盛り上げるイベント企画など活躍中なんですよ!つづく

さよなら地上の「東急東横線渋谷駅」

2013年3月15日(金)
15日に東京出張ということはあれを見に行くしかないですね!
20130315渋谷 (1)渋谷駅のハチ公口に来ました。話題の場所はこの裏側ですね。

20130315渋谷 (5)渋谷「Hikarie」
銀座線が通るのは変わりませんがビルの風景がだいぶ変わりましたね(あっ、24年ぐらい前の記憶です)

20130315渋谷 (3)さぁ、話題の東急東横線のホームが見える歩道橋へ。すごい人が見に来てますね。

20130315渋谷 (13)鉄道ファン1割、最後を惜しむみみなさん9割って感じですかね。

20130315渋谷 (26)報道関係者も来てますね。

20130315渋谷 (4)インタビュー収録中な様子。

20130315渋谷 (25)ここにも。ニュースの人??

20130315渋谷 (8)おなじみのカマボコ屋根ですね。

20130315渋谷 (7)バスターミナルの工事はまだまだ続いてます。完成するのはいつごろなんでしょうね?

20130315渋谷 (6)改札口は乗降のお客さんと見物の方々ですごい人混みでした。

たぶん鉄道ファンならここも押さえると思う場所に行ってみましょう!
20130315渋谷 (14)あっ、やっぱり。

20130315渋谷 (15)じゃあ、ここも・・・やっぱり!

20130315渋谷 (17)おおお!東横線と山手線がクロス!

20130315渋谷 (19)この風景も今日が最後ですね。

20130315渋谷 (24)夕暮れが近づきました。たくさんの思い出が交差してる方も多いことと思います。

そんな東横線は16日からはこの下になるみたいですよ!
20130315渋谷 (11)正確には更にこの下かな?地下5階っていうことです。久しぶりに渋谷駅周辺を歩きましたね~。

東京出張 九段下の天丼

2013年3月15日(金)
先月は水道橋付近の新潟かつ丼の「たれカツ」でした。今月は九段下の「天丼家」という昼時のみ営業の天丼専門店へ。
20130315東京出張 (17)スーパーの「成城石井」の横の路地を入ります。

20130315天丼や (1)露地の入り口にも天丼店がありますが50m先のお店です。

20130315天丼や (3)その名も「天丼家」!

20130315天丼や (2)なんか見覚えのある店内のレイアウト。メニューは天丼とえび天丼、おしんこの3つ。昼時はカウンター席のみの店内で後ろに次の番を待つ人のプレッシャーを感じながら天丼を食べます。

松江さんおススメのこのお店は、神保町の天丼専門店「いもや」からのれん分けしてもらったお弟子さんのお店なのでした。ごはんも「木のおひつ」に仕込まれてましたよ!普通盛りが「大盛り」。店主が「ご飯の量はどうしますか?」と注文を聞いてくれるときはその日の腹ぐあいで「少なめ」と言いましょう!

東京出張 日比谷から九段下へ

2013年3月15日(金)
春の東京へやって来ました。
20130315東京出張 (3)おおお!このバスは。ハイブリットのバスと二階建てバスのオープントップ車両が並んで走ってました。

20130315東京出張 (4)ちょっとお宿ねっとの東京事務所へ立ち寄って・・。お客さんのところへ持って行く手土産をラッピングしてもらっちゃいました。

20130315東京出張 (5)帝国ホテル前。ポカポカですね!

20130315東京出張 (9)日比谷公園前です。いい青空ですねぇ~。

20130315東京出張 (12)外灯の旗も東京オリンピック招致のPRが。お!何か咲いてますよ!

20130315東京出張 (14)おっと、帝国劇場にピントが合ってしまった・・・。

20130315東京出張 (13)もう一回。これは桜ですね!紅桜?もう咲き始めてます。

20130315東京出張 (20)こちらは九段下の交差点の桜。もうすぐ咲きますね。

おまけ
20130315東京出張 (18)プロントでアイスコーヒーLサイズを注文したらこのグラスでした。

プロントは、かれこれ20年ぐらい前に登場した「二毛作店(その当時はこう言ってました)」。昼間の営業は朝昼のコーヒー&軽食、夕方から「BAR」営業と簡単な内装のチェンジで別な顔を持つ店になってしまうというサントリーらしいお店です。キリンビールも「ジラフ」という店名で追従しましたが今もあるのかなぁ?



ホワイトデーはこれで!

2013年3月14日(木)
先月のバレンタインデーにMEEの松江さん、日景さん、茂呂さんからプレゼントをもらっちゃいました!今回はホワイトデーでお返し!
20130314ホワイトでーは (3)これが私のお返しスィーツ?ねこチックなパッケージにしてみました。

20130314ホワイトでーは (1)中身はこれ。お菓子材料の「クオカ」で紹介された「アニマルクッキー」と地元の寒天をふんだんに使ったスコーンみたいな感じのお菓子です。

20130314ホワイトでーは (4)菅原料理長からも!来年度も予約をバンバン!のお願いを含めてMEEのみなさんへ(と、たぶん女性のみなさんへ?)今回の東京出張に合わせて作ってもらったのでできたてホヤホヤの手作りケーキなのでした。中身はどんなだったかな?

20130315白石課長のお土産このお菓子は白石課長より。香港のお土産だそうです。ご馳走さまでした。

悠心荘20周年で盛り上がった平成24年度ももうすぐ終わりですね。来年度もみなさん一致団結で悠心荘の利用を盛り上げましょう!

多留姫の滝 その6

2013年3月12日(火)
遊歩道がそのまま山頂へ案内してくれました。
20130312多留姫の滝 (45)こちらが大泉山の山頂。ご覧の通り林の中にちょこっと見晴の良い場所があります。ここからの景色なら富士山一望!とおもいました。が・・・・。

20130312多留姫の滝 (55)意外と富士山の頭だけが見える場所なんですね。大泉山は案外、低い山なのでした。お気軽に歩けるのは魅力です。

20130312多留姫の滝 (57)この際にも山道がありました。たぶん、反対側からも登れるルートがあるのでしょう。また今度そちら側から歩いてみましょう。

20130312多留姫の滝 (60)この方向は茅野市金沢方面です。富士見パノラマスキー場と諏訪大社上社の間ぐらいが見えています。

20130312多留姫の滝 (67)いま来た道をもどります。林の中から八ヶ岳が見えましたよ。

20130312多留姫の滝 (98)吊り橋まで戻って来ました。吊り橋のたもとに「松尾芭蕉」の句がありました。

20130312多留姫の滝 (89) 再び多留姫の滝
吊り橋からの撮影です。新緑時期や真夏、初秋から秋本番、冬の雪景色と期待できる撮影スポットです。季節ごとのブログアップをお楽しみに。

こちらは駐車場側の景色です。
20130312多留姫の滝 (112)この新しい道路の橋の名は「多留姫橋」です。ちょっと景観的にどうかなとも思っちゃいますが、諏訪南インターからエコーラインを使わないで原村役場の前を通ると少しだけ豊平へ抜けるショートカットできる良い道なんですよ。

20130312多留姫の滝 (111)エコーラインの1本市内側の道です。

20130312多留姫の滝 (113)しかし、多留姫神社の真上を通りますね。

20130312多留姫の滝 (114)駐車場は右の鳥居の前です。

20130312多留姫の滝 (12)柳川から見上げた多留姫橋はこんな感じ。


多留姫の滝、多留姫文学自然の里は如何でしたか?機会を作ってお出かけください。


多留姫の滝 その5

2013年3月12日(火)
少しづつ空が開けて来ました。まもなく山頂?
20130312多留姫の滝 (30)いや、もうひと踏ん張りですね。斜面がきつい場所はゆっくり進みましょう。運動靴で十分歩けますよ!

20130312多留姫の滝 (32)おおお、時代劇に出てきそうな雰囲気の道ですね。

20130312多留姫の滝 (36)この先に見晴らしがよさそうな場所がありますね。

20130312多留姫の滝 (33)蛍火台に到着です。ここから遠くの景色が望めます。

20130312多留姫の滝 (39)こんな感じ。ベンチがあるのでひと休みできますよ!

20130312多留姫の滝 (41)それでは、どんどん先へ進みましょう。すごく曲がった松が行く手を・・・阻みませんね。

20130312多留姫の滝 (38)なかなかワイルドな遊歩道です。

20130312多留姫の滝 (42)望岳丘に到着です。ここで歌碑は終わりです。

さぁ、次は山頂ですよ!つづく

多留姫の滝 その4

2013年3月13日(火)
東屋から再び遊歩道を山頂まで歩きましょう!歌碑はどこまであるのかな?
20130312多留姫の滝 (20)ここからジグザクに斜面の遊歩道沿いに歌碑が。

20130312多留姫の滝 (25)大泉山の遊歩道は歌碑の置いてある場所までは緩やかです。表示板があるので安心ですね。

20130312多留姫の滝 (26)基本的に岩山みたいなので大きな石が随所で見られます。落石も注意ですよ!ネットで防護されてます。

20130312多留姫の滝 (28) 見事に「岩」です
天狗がいたんですかね?

20130312多留姫の滝 (29)「えぼし岩」と名のつく岩は渓谷の遊歩道や山道で良くありますが、この岩は下からも上からも見れるんですよ!

20130312多留姫の滝 (63)こちらが上から見た鳥巾岩です。

さぁ!ここから少し斜面がきつくなりますよ(あっ、全然ゆっくり登れば大丈夫です)つづく

多留姫の滝 その3

2013年3月12日(火)
橋を渡ると・・・・・
20130312多留姫の滝 (21)山頂へ向かう遊歩道の手前に大きな東屋があります。どうやら昔はここで川の水の神様へお酒を振る舞った様子。

20130312多留姫の滝 (71)更に、山の斜面の遊歩道を歩く際の「杖」も用意されてました。

20130312多留姫の滝 (74)ポスト?

20130312多留姫の滝 (73)俳句を作ってこのポストへ投函するのもいいですね。この森(里)のアンケート用紙でした。

20130312多留姫の滝 (80)これは歌の歌詞です。写真に写ってませんが右側に楽譜も飾ってありますよ!行ったときに見てくださいね。

20130312多留姫の滝 (23)東屋の先に道はありませんが川の岸まで下りられます。滝が目の前ですよ!

それでは山頂へ向かてみましょう。つづく

多留姫の滝 その2

2013年3月12日(火)
大泉山を麓を流れているのは川は柳川。坂本養川がこの地の残した農業用の「堰(せぎ)」乙女の滝(横谷峡)ルートが交わる川です。柳川が大泉山の麓に差し掛かったところに多留姫の滝があるんですね。
20130312多留姫の滝 (94)吊り橋からの景色も撮影ポイントですね。

20130312多留姫の滝 (97)鉄で頑丈ですが「吊り橋」なので歩くと揺れますからゆっくり歩いてくださいね。

20130312多留姫の滝 (9)吊り橋の下にもうひとつ「流れ橋」という丸太が掛けてあるだけの橋もあります。こちらの景色もなかなか!

20130312多留姫の滝 (91)吊り橋の前には多留姫の滝の案内が掲示されてますのでご一読ください。

それではお待たせしました。流れ橋から見た多留姫の滝です。
20130312多留姫の滝 (14)雪も融けてこれから草木が芽吹く前なので色気が少ないですが見事な二段滝ですね(流れ橋の上より撮影)。

20130312多留姫の滝 (11)少し離れた場所からの滝はこんな感じに。

この橋を渡たると大泉山の麓ですよ!(既に麓だったりして・・・)

多留姫の滝 その1

2013年3月12日(水)
茅野市の大泉山の麓に「多留姫の滝」にやって来ました。「名勝」として茅野市文化財に指定されてます。
20130312多留姫の滝 (1)ここが多留姫の滝の入口です。車はこの先の駐車場へ停められます。

20130312多留姫の滝 (3)歌碑等の文学的遺産が多数点在しているので「多留姫文学自然の里」と言われてるんですね。多留姫の滝を見ながら大泉山の遊歩道を俳句が順番に登場します。

20130312多留姫の滝 (4)こちらは駐車場から入った入口。この先に多留姫神社が!こっちが正面入口だったかな?さっきの場所は右手です。

20130312多留姫の滝 (95)こちらが多留姫神社です。上の家紋に見覚えありませんか?2月1日の下社宝殿遷座祭の通り道にあった家紋

20130312多留姫の滝 (5)真新しいパイプの建築物は、藤棚の整備です。

20130312多留姫の滝 (7)存この場所はかつて「藤」の名所でした。今は、その子孫が大きくなるのを地区の皆さんで育成しているそうです。

さあ、それでは多留姫の滝をご覧ください。つづく
プロフィール

あんどぉれ

Author:あんどぉれ
岡谷そば打ちの会のそば畑の種まき準備が始まってますね。

アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。