スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸の大将「山下清放浪美術館」は絵の奥の深さが味わえます!

2013年11月30日(日)
自治会の研修会で「山下清放浪美術館」に行って来ました。裸の大将はテレビでしか知らなかったので山下画伯のいろいろを教えてもらえました!
20131130山下清 (15)諏訪インターから国道20号を蓼科、白樺湖方面へ左折する交差点の近くに「放浪美術館」があります。地方によくある怪しい「秘宝館」風ですけど展示品は凄いです!

20131130山下清 (13)入口のスロープには石でできた「おにぎり」が!

20131130山下清 (12) 20131130山下清 (10) 
こちらが館長さん。2代目だそうです。    美術館に併設の骨董品店に初代館長さんも!古い貨幣など多数!

山下清画伯の絵は超高額らしいのです。美術館の中は撮影禁止なので館内は紹介できませんが、諏訪湖の花火など知ってる作品もあります。又、角度によって見え方が変わる絵、貼り絵の「色紙」の工夫など初代館長さんがいろいろ説明してくれ、裸の大将イメージが山下画伯に変わりました!

20131130山下清 (2)美術館はモダンなログハウス調。風見鶏もありますね!右側に裸の大将も!

20131130山下きよしちょっと撮ってみました!

放浪美術館では年に1回作品の入替が行われます。毎年3月17日前後に行われるとか!年中無休なので年末年始に見て、春になって再び行ってみると前回とは違う作品が見れますね!「天才ってこういう方なのかなぁ~」と改めて評価された理由がわかりました!

来館の際は館長さんへ是非、作品説明してもらいましょう!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんどぉれ

Author:あんどぉれ
岡谷そば打ちの会のそば畑の種まき準備が始まってますね。

アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。